ネイチャー理論とは?


ネイチャー理論とは、生年月日をもとに、人が持って生まれた本質的な能力特性=ネイチャーを統計的に導き出し、その特徴をタイプ別に体系化したものです。

ネイチャータイプは、1〜9の9種類の数字3つと、そこから導びかれ、外側に特徴として強く表れる4色の「ベースカラー」によって表現されます。

 

 


ネイチャータイプごとの特徴を正しく理解して、その強みを上手に活かし、弱みをカバーする方法を身につけることで、仕事や人間関係、家庭生活での悩みや問題が解消し、自分に自信が持てるようになっていきます。

 

人は、自分の「できていないところ」「欠けているところ」が気になって、悩んだり落ち込んだりしがちです。

 

例えば・・・

 

飽きっぽい、物事が長続きしない、という悩みは、好奇心旺盛で、意識が常に外へ外へと発散していくネイチャータイプの特徴が、マイナスの方向に作用している状態です。

常に変化や工夫改善を取り入れる、という対応をすることで、良い面が出るようになります。

 

他人の意見に流されてしまう、周囲の意見や反応が気になってしまう、という悩みは、協調性や安定を求めるネイチャータイプの特徴がマイナスに作用している状態です。

自分が理想とするような環境に実際に自分の身を置いたり、目標とするような人と一緒に長い時間を過ごす、ということをすれば、自然と自分が理想とする状態に近づくことができます。

 

このように、ネイチャー理論では、一人一人のネイチャータイプの特徴を明らかにすると同時に、どのように使うとプラスの方向に作用するか、ということも伝えることができます。

その結果、無理なく、自然にうまくいく方法が見つかるので、悩みが解消し、目標が達成できるようになっていくのです。

 

物事がうまく運ぶようになれば、自然と、自分に自信が持てるようになります。 

自分への自信は自己承認度を高めます。自己承認の力によって、その人らしさが輝き出し、よりよい人生を歩むことができるようになります。

 

また、ひとりひとりが自己承認度を高めると、自分と周囲とを比べたり、自分を守るために相手を責めたり批判したり、という気持ちがなくなっていくため、自然と、他者を尊重し、受け入れられるようになります。

 

お互いを受け入れられるようになることで、家庭・職場・学校・地域など、あらゆる場所で、人と人との相互理解が進み、温かく建設的な人間関係がつくられていきます。

 

ネイチャー理論は、このように、人と人とが互いにを尊重し、受け入れられるようになることで、争いのない平和な世の中をつくることを目指しているのです。